ハウスメーカー様向け工場見学会の実施報告

まにあっく ヨシタニの素晴らしき世界 130回




先日、ハウスメーカー様のインテリアと設計担当の方をお連れして私どもの協力工場をご案内致しました。


画像



今回の工場見学では、以下の3つのポイントに重点をおいて企画致しました。





①オーダー家具ができるまでを突き板の素材から製品が完成するまでの一連の流れとして実物をご覧いただきながら、理解していただく。




②色々な素材や加工方法などの種類を実物を見て理解していただき、電話やメールでのやり取りをスムーズに行えるようにする。




③工場見学を通じて資料を見ていただいたり、会話をする中で、クレドという会社や担当者を知っていただき、オーダー家具やキッチンの相談したいことがあったときに、クレドを思い出して連絡いただきお役に立てるようにする。




では、工場見学の様子を紹介させていただきます。



まず最初にご案内させていただいたのが、突き板工場です。




画像





こちらの工場では色々な樹種の木材を薄くスライスした単板を在庫していて、オーダーに応じてそれを基材の3ミリから4ミリくらいのラワン合板に薄い突板を張って突き板合板を作る工場です。




画像





突き板の木目の柄には主に、柾目、板目、ロータリー杢があります。





また、突き板の張り方もスリップ、ブックマッチ、ランダムなどの張り方があり、オーダーに応じて張って突き板合板をを作ります。



上の写真は、その薄い突板をラワン合板に、熟練の作業員のかたが一枚一枚張っているとことです。




次にご案内したのが、私どもの家具製造です。




オーダー家具は、側板や棚板そして扉など、基本的にパネルで構成されています。




従って、まず最初にそれぞれのパネルを作ることから始まります。






そのために突き板を使う家具を作る場合は、前の突き板工場で製作された突き板合板をそれぞれのパネルや扉の大きなくらいにカットしてプレスしてパネルを作ります。



画像







そして、きれいにカットして、小口にテープを貼って、ダボ穴などの加工してから、パネルを組み立ててキャビネットを作ります。





突き板の場合は、そのあと塗装をしてから、ヒンジで扉を取り付けたり、引き出しレールをつけて引き出しをつけたりして、完成させます。




画像




今回のハウスメーカー様を私と一緒に担当しています松本も、一緒にご案内しながら説明させていただきました。




そして、一通り工場をみていただいてから、材料や加工についてさらに実物をもとにご説明し、
最後には質問のコーナーをもうけいろいろなご質問をいただきました。




今回の工場見学会を終えて、日頃不明だったことがわかるようになり、今後オーダー家具やキッチンを依頼するときに、そのもののがイメージできるので依頼がしやすく、またお施主差に説明するのにも説得力がましたと感想をいただきました。




クレドでは、このような工場見学会をご希望ございましたら企画させて頂きますので、ご希望ございましたらホームページの問い合わせから連絡頂けましたら幸いです。





クレドホームページ ➜ http://www.credo-order.com