皮と革

城っちゃんのphoto castle

画像

一見、木にみえるこちら

実は革です。スキモレザーといって革を重ねてスライスした模様になっています。


先日、革の祭典が行われていて、浅草のたくさんの革関係のお店がイベントに参加していました。

その中で、靴づくりの工場への見学があったので、行ってきました♪
画像
画像


まず最初に見受けられたことは、ほとんどの作業を手で行ってることでした。

画像


木型にセットとしたり、釘をうったり、は機械でしたが、それも見たことのないものばかりで新鮮でした。

画像
画像


印象的だったのは、靴をつくっているのは皆若いひとばかり。

靴職人さん、かっこいいですね


カワには
皮と革という字がありますが、違いは分かりますか?

革の材料をつくるための加工の段階で呼び方がかわるそうです。

「原皮→水漬け(塩分汚れとり)→フレッシング(肉面取)→脱毛→なめし(鞣し材で繊維固定)」
ここで革になります。
それまで「皮膚」であった皮を道具として使えるように「革」へと生まれかわらせるのが なめし です。

このあとの工程もたくさんあり、革の材となっていきます。


クレドでも本革を使って、ソファやベッドヘッドなどのご注文をお受けしております。

お問合せはこちらから
http://www.credo-order.com/

使っていくうちにいい味がでてくる革はやっぱりステキですね

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス ナイス