オーダーキッチン・オーダー家具・ドアのクレド日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 音や防音について勉強してきました。

<<   作成日時 : 2018/04/30 23:50   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

まにあっく ヨシタニ の 素晴らしき世界 119回


今月は、音について勉強しました。



1つは、防音室で実績のあるヤマハさんです。



もう一つは、世界初の自然音を取り入れた音の環境作りをされているビクターさんです。



まず、ヤマハさんの方は、品川にあります体験型のショールームにおじゃましました。


画像



ここでは、色々いな性能の防音室の体験の他、音に大きさの比較んどを実際の楽器演奏などを聞きながら体験できとても勉強になりました。


画像




画像




最初に防音に関して学んだのは、ただの防音しただけでは、楽器を演奏した時に音が吸収されてしまい楽器が演奏しづらいこと。


画像



外にはもれないけど、中では音がなるべく自然に、聴こえるようにするのがベストなことでした。



次に、無音室で色々な大きさの音を聞いたのですが、音の大きさの感じ方は、人によってかなり違うということです。


画像



なので、安易に防音工事をやって、音が聞こえなくなるとは言わないようにしないと、かなりトラブルがあるようです。


また、静かな部屋でとなりの話し声がすごく気になりますが、何か音を流すとそちらに気がまぎれて、話し声があまり気にならなくなるマスキングと言う技術を知りました。


画像




この機械から音を出してマスキングします。




次に、ビクターさんの方ですが、
こちらはこのマスキング技術をさらにすすめた世界初の技術でした。




それは、自然の鳥のさえずりや川のせせらぎなどの音を色々な季節の色々な時間帯で何年もかけて高音質で録音してきたそうです。




それを病院やパブリックスペースなど、様々な空間で四季や時間に合わせて音を間接的に自然に流して、自然環境にいる状態になるべく近づけるようにします。




人類は、過去の長い歴史の中でずっと自然音を何万年も聴いてきましたが、この近代になって都会では、自然音はほとんど聞くことがなくなりました。





そのため、このような自然音を流すと、リラックスでき、その場に長居をしたり、また来たくなるなどの、明らかに違った行動が、見られるようになるようです。



最近、駅のホームなどで鳥さえずりを流したりしていることがりますが、それはただ同じ声をエンドレス流しているだけで、まったく方式が違うようです。



今回は、音について色々勉強しましたが、いっけん家具やキッチンには関係ないように思いますが、快適な住空間を作るにはただ見た目だけのデザインだけではなく、人間の繊細な五感すべてに心地住空間を提供できることが理想です。



そのためには、人間の五感にひびく住空間をつくることを前提に、これからはオーダーキッチンやオーダー家具などを作ることもこれからは大事な要素のではないかと思います。





クレドのHPはこちらから

http://www.credo-order.com



月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

クレドのプロフィール

オーダーキッチン・オーダー家具、ドア、リフォーム、インテリア販売、インテリア全般を手掛けている会社です。

スタッフみんなで書き込んでいます。

音や防音について勉強してきました。 オーダーキッチン・オーダー家具・ドアのクレド日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる